時津風部屋紹介

「感動」と「興奮」の生まれる場所。

時津風部屋とは

1941年5月、第三十五代横綱・双葉山の開いた「双葉山相撲道場」が現在の時津風部屋のルーツです。

双葉山と言えば、未だに破られない歴代最高記録の69連勝、5場所連続全勝優勝などを記録した大横綱。

「双葉の前に双葉なく、双葉の後に双葉なし」

…と言われたその強さ、豪快な左上手投げは多くの人々を魅了し、当時の国技館は連日超満員。その凄まじい双葉山人気は、もともと11日間だった大相撲の興行日数を13日に、そして現在の15日に変えてしまったほどでした。

その双葉山が12代時津風を襲名し、道場を「時津風部屋」へと改称したのが1945年11月。以来、時津風部屋は70年以上にわたって、優秀な力士の育成と「国技」相撲の発展に尽力し続けています。

双葉山の示した強さのあり方、相撲に対する姿勢、勝負に臨む精神。
それらは今なお脈々と、時津風部屋の力士たちに受け継がれています。

時津風部屋とは

次のステージを目指す。

親方からのメッセージ

親方からのメッセージ

私にとって、関取は小さいころからの夢でした。相撲が好きだった父の影響もありますが、私自身もまた相撲が好きで、高校、大学と、真剣に相撲に取り組みました。そんな私が学生時代からお世話になっていたのが、この時津風部屋です。

時津風部屋は、かの大横綱・双葉山が興した歴史ある相撲部屋です。勝ちへのこだわり、そして気迫あふれる相撲は、他の部屋とは一線を画する激しさで観る人を魅了します。集まる力士もまた、真剣に強さを求め、関取を夢見て頑張っています。だからこそ、部屋の力士たちのきずなは深く、みな稽古にも一生懸命です。

私が心打たれた、時津風部屋の相撲に対するひたむきな姿勢は、今なお部屋の力士たちの中に息づいています。皆さまのあたたかい応援により、最近では若手の実力も伸び、部屋にも活気が出て参りました。きっと、今後の相撲界を盛り立てていくのは彼ら若手、そしてまだ見ぬ新弟子たちと確信しています。

師弟ともども、今後も相撲道に精進してまいります。いつでも真っ向勝負の時津風部屋の力士たちに、どうぞご期待ください。

部屋の力士たちからメッセージ

部屋の力士たちからメッセージ

時津風の相撲は、変化をしない真っ向勝負、小細工なしの正攻法です。しかし、強い相手と真正面からぶつかれるようになるには、厳しい稽古を重ね、自分を磨いていくしかありません。やる気と向上心、強くなりたいという情熱が不可欠です。

苦しい時もありますが、周りのみんなも関取を目指す力士なので、ライバルとして競い合えるだけでなく、色々なことを相談できます。なにより、後援会をはじめ、たくさんの人が私たちを応援してくれます。部屋や買い出し先、会場などでかけてもらえる「頑張れ!」の言葉は大きな励みです。

声援をいただけると、時津風部屋の力士として恥ずかしくない相撲をしようと、また力が湧いてきます。皆さま、今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

新時代を作る力。

時津風部屋のビジョン

「稽古は本場所のごとく、本場所は稽古のごとく」

かつて双葉山が残したこの言葉は、相撲界ではあまりにも有名です。

いつであろうと実戦を意識し、集中を研ぎ澄ませて相手にぶつかる。本場所と変わらない緊張感の中で稽古を重ねなければ、実戦で力は出し切れないという教えです。

勝利を貪欲に求めるが故の、一心不乱の猛稽古。
時津風部屋の稽古は、稽古でありながら真剣勝負そのものです。

ひたむきに勝利を求め、されどその力強さは土俵の上に華々しく。
多くの観客を魅了してやまない時津風部屋の相撲を、とくとご照覧あれ。

時津風部屋のビジョン

伝統から新たな歴史を。

時津風部屋の歴史

昭和17年(1942年)、時津風部屋は、かの大横綱・双葉山がその実績から二枚鑑札(現役力士のまま弟子の育成をすること)を許可され、「双葉山相撲道場」を設立したことから始まります。

双葉山は、太平洋戦争終戦直後の昭和20年(1945年)11月場所に引退、第12代・時津風を襲名し、ここに「時津風部屋」が誕生しました。双葉山道場の看板は、現在も時津風部屋の入り口に掲げられています。

十二代・時津風は、昭和43年(1968年)12月16日、満56歳でこの世を去るまでの間、約11年間にわたって第三代相撲協会理事長を務めるとともに、一横綱(鏡里:十三代・時津風)、三大関(大内山、北葉山、豊山:十四代・時津風、第八代相撲協会理事長)をはじめとする多くの力士を育成しました。

現在は16代・時津風 正博(元・時津海)の指導のもと、多くの力士が日々研鑽を積んでいます。

1939年 双葉山、69連勝を達成
1941年 双葉山相撲道場設立
1945年 双葉山、12代時津風を襲名。双葉山相撲道場を時津風部屋へと改称
1968年 12代時津風逝去。元横綱・鏡里が一時的に13代時津風を襲名。
1969年 元大関・豊山が14代時津風を襲名。
2002年 14代時津風が定年退職。元小結・双津竜が15代時津風を襲名。
2007年 現在の親方、時津風 正博(元前頭・時津海)が16代時津風を襲名。

双葉山 定次

双葉山 定次

「昭和の角聖」「相撲の神様」とまで呼ばれた大横綱。幕内最高優勝12回(内、全勝8回)、歴代最高記録の69連勝など、数々の実績を残す。相手より遅れて立ちながら相手の立ち方を見て捕まえる「後の先を取る」立ち合いで、特に右四つをとった時の強さは尋常ではなかった。

双葉山相撲道場